株式会社Liberte

メインメニュー

Liberteについて

小規模だからこそ、身近な制作会社でありたい

リベルテでは、ホームページ制作にあたりサイトのボリュームに関係なくまずはヒアリングシートを作成いたします。
それは、ホームページサイトの目的や何を達成する為にホームページの制作を考えていらっしゃるのかを知ることが最も重要だと思っているからです。
宣伝・広告型のホームページサイトを制作するのと、販売目的のホームページサイトでは、当たり前ですが構成もコンテンツも大きく違いますし、飲食店のホームページサイトと、雑貨や装飾品を扱うホームページサイトでも方向性が異なってきます。
レイアウト構成・配色・ボリューム・操作性・検索エンジン対策など、インターネットの利用者数やホームページの認知度・使用率が市場で高まるに連れて、ますますホームページサイト自体にも独自性や相違性を求められています。
それらが私たちの仕事となり、ただ制作を行うだけではなく、ホームページを運営する目的も一緒に考え運営システムを構築して行きたいと思っております。

デジタルだけれども、もっとアナログでありたい

全てのホームページ制作の基本は、「読んでもらう」・「見てもらう」ことで成り立っていると考え、常に最高を目指しています。

読んでもらう。
「読む」=「テキストとして表示する」。インターネット上においてテキストの重要性は画像の補足説明としてだけではなく、SEO効果としても大いに期待できる役割をもっています。
更にはオーナーやスタッフの紹介・こだわりの技法や工法・独自性のアピールには、社会的認知度を向上させその時々にニーズとされる検索サイト上で重要なキーワードとして期待以上の反応を受けることが出来ます。

見てもらう。
「百聞は一見にしかず」と表現されますが、まさに字のごとくで「見る」という視覚的効果は絶大であると思います。
言葉では伝えきれないことや、伝えにくい事もわかり易く具体的に伝えることが出来、同時に興味・動機付けすることが出来ます。
例えば、お店の雰囲気・商品のイメージ・細かな地図等は、視覚的宣伝が一番効果的だと考えます。

選んで頂けたからこそ、しっかり向き合いたい

ホームページ制作の打合せの際に、お客様から「細かいねぇ。」と言われることも多くあります。

良くも、悪くも受け取り方1つで印象も変わるかと思いますが、私たちにとっては最大の褒め言葉として真摯に受け止めております。
県内に限らず、数ある制作会社の中から何かのご縁で選んで頂けた私たちは、今ある最大限の行動力とスキルを持って1つ1つの案件に向き合わなければならないと思っています。

長いお付き合いだからこそ、共に成長したい

インターネット内のサービスは、日々変化し多様化しています。
それに合わせて、利用するハード面もソフト面も今では一年一昔と言われるほどに。
常に最先端でありたいとまでは思っていませんが、常に変化のあるご提案をさせて頂きたいと思っています。

ホームページの制作業務はお客様の成長があって初めて成り立つ仕事だと常々思っています。
当社からの一方的な提案は意味を持たず、制作側・クライアント側の双方の思いを具現化することが双方にとって最も利益を得られるようになる最善の行動だと感じています。

私たちは、事業者さまにとって良き提案者でありながら良き相談者として共に成長し続けたいと思っています。

もちろん集客媒体としてのサポートも万全に

ホームページは公開しただけでは、集客を期待することがなかなか難しいです。
サイトのアクセスアップを図るためには、更新、広告、SEO対策の3つの告知活動を効果的に行なっていく必要があります。
雑誌や新聞などの紙メディアやDMなど、複数のメディアとホームページが連動したプロモーション活動を行なうことが多くなっておりますが、インターネット上だけで行なう集客プロモーションとしては、SEO対策やインターネット広告が主流になります。ただ、SEO対策は検索結果の表示順位を上げるまでに時間と費用がかかるため、アフィリエイト広告やPPC広告などの成功報酬型広告も選択肢として活動を行なう必要があります。
リベルテではサイトの公開後も、サイトの管理や更新作業代行だけでなく、お客様に最適なプロモーションをご提案させていただきたいと思います。

PDCA